スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事ボトム画像

ミュージックバトン

nojicoさんのとこからトラバ&バトンタッチ!!ミュージックバトンなるものをまわしていただきました!!!

ミュージックバトンとは、4つの質問に答えて、5人にまわすものです。
 

   質問1:今パソコンに入っている音楽ファイルの容量

   質問2:最後に買ったCD

   質問3:今聴いている曲

   質問4:よく聞く、または特別な思い入れのある5曲


だってさ。それでわ早速Let's get started!



「質問1:今パソコンに入っている音楽ファイルの容量」


うーん、私あんまりPCに落としたりしないからなあ・・・。CDというものが大好きなんですよ、なぜか。たぶん一番普及してるもので、たいていのところで使えて便利だから。PCにはせいぜい15曲分くらいだから、150kくらいじゃないのかなあ??
・・・しょっぱなから微妙な答えだ(笑)



「質問2:最後に買ったCD」

・・・またまたごめんなさいです。。。。私大学入ってPCでCDを焼くということを始めて覚えまして、それからはCDをぜんぜん買ってないです。だから、「一番最近手に入れたCD」ってことで勘弁してください。。。


『Confessions/Usher』

Confessions.jpg



Usherなりー。これは『8701』の次にでたアルバムですね。意外かな??ダンスやるようになってから、ダンサンブルなもの(R&Bとか)が好きになりましてね。
Usherは18才のときから好きです。またちょっと思い入れのあるアーティストなんですが、まぁまたそれは後ほど☆

これを聞いて思ったのは「やっぱUsherかっこええわあ・・・・」でした。ルックスも音楽も、ほんと、すべてがクールです。一番好きなのは、彼の甘めの歌声です。セクシーすぎー!!彼の声で"baby"とか囁かれた日にゃあもお・・・・・あぁ鼻血でそぉ




「質問3:今聴いている曲」


『Confessions』By Usher

Confessions.jpg



先ほど紹介したUsherのアルバムからです。かっこいいでふよーうふふw 耳元でUsherの甘い声が・・・・あぁん "I'll call you back"って言ってます。きゃーUsherから電話かかってきたらどうしよー ←絶対ない

しかし今聞いててすごく思ったのは、彼の声は私の耳にとてもスムーズに流れ込んでくるなあ、ってことです。UAやCoccoなんかもすごく染み入るように入ってくるんだけど、Usherはまた違う。もっともっとなめらかで、優しい。私の中にダイレクトに入ってくるのに、決して私を重くさせない。心地よい高みへ連れて行ってくれる感じです。
Coccoをとたとえるなら、Usherはシナモン入りホットミルクって感じですね。




「質問4:よく聞く、または特別な思い入れのある5曲」



1)『Smells Like Teen Spirit』By NIRVANA

NEVERMIND.jpg



これは知ってる人多いですよね。名盤『NEVERMIND』の中でも有名な曲です。
これは、私が高校で出会った、超歌の上手かった先輩がライブで歌っていたんです。
その先輩は女性だったのにすごくパワーのある声をしてて、NIRVANAに始まりRed Hot Chili Peppers, Smash Pampkins、あるいはドリカムまでなんでもござれな人でした。とにかくその人が歌うだけで場の空気が一瞬で変わってしまうような人でした。今その先輩はインディーズデビューを果たしています。
高校のときに作っていた自主制作アルバムは聞いたことあるのですが、デビューしてからはめっきり情報が入ってこないです・・・。
そんな憧れの先輩が一番よくライブで歌っていた曲、それがこれです。私はこれを聞いてROCKが好きになりました。



2)『Forget Me Not』By bonnie pink

20050629232003.jpg



bonnie pink のアルバム『evil and flowers』に入っています。
これはほんとよく聞きますねー。腹筋するときにかけたり(笑) "forget me not"とは、「忘れな草」のことです。日本語でもまんまじゃんって感じもしますが・・・。ていうか、英語をそのまま日本語に訳したのかもね。
この曲は、なぜか好きなのです。単に。ブログのアドレスにもなってます。
彼女の声もいいし、曲調も歌詞もいい。曲全体の世界観も、どことなくだけどたまらなく好き。
これで腹筋するの、意外とキツイです(笑)



3)『SAKURAドロップス』By 宇多田ヒカル

20050629232038.jpg


いきなり毛色が変わったね(笑)
この曲は、私が失恋したときによく聞く曲です。(うわぁ痛い)
結構玉砕回数は多いですよー、私。この話について語りたい人は、私のもとににごり酒(マッコルリでも可)を持って馳せ参じるように(笑)

この曲を聞いて思うのはね、終わらない恋なんてないんだってことですよ。それを思い出すだけで、ちょっぴりだけ気持ちが楽になるんだよね。もちろんそこで立ち直れるわきゃないんだけど。Coccoを聞きまくるよりは健康的なはず(よくやるけどね)
これが聞けるようになってきたということ=元気になってきた、という、私なりのサインなのです。


4)『Let it be』By Beetles

20050629232753.jpg


これは私の青春を象徴する曲です。
高2のとき、文化祭で有志で演劇をやったことがあって、そのテーマ曲?みたいのがこの曲でした。この劇、特攻隊の劇だったんで、戦争のことをちゃんと知らないで演ってはいけないよね、という話になり、みんなで井の頭公園でインタビューしまくったんですよ。「戦争の経験はありますか?」「当時、どう思っていましたか?」「今はどう思いますか?」「特攻隊について、どう思いますか?」などなど・・・。
この練習期間中、ほんとにこういうことばっかやってました。遺書を書くシーンがあるから、じゃあ書いてみようとか。私の人生の中で、一番頑張った期間です。そういう作業を通して、さまざまなことを考えました。本当に自分たちが文化祭でこの劇をやっていいのだろうかと、悩みました。自分たちがこの劇をやる意味を探りました。
でも結果として、うちの団体は後夜祭で表彰され、この年を境にわれわれの団体は有名になっていきました。いまでは、文化祭のひとつの目玉ともいえる存在になりつつあります。
この曲がかかると、そのときのことがありありとよみがえってくるんです。劇やったばかりの頃は、曲を聞くだけで涙が出てくるくらいでした。



5)『風化風葬』By cocco

20050629232100.jpg



最後はやっぱり、coccoでしょう。
私にとってnojicoさんの言う"自分の音楽の原点”である彼女は、私の救世主といっても過言ではナイ(笑)
私にとって音楽とは、気持ちがすごくウキウキしてるときや、反対に死にそうなくらいクローズマインドなときに聞く、サプリメントのようなものでしょう。いつもいつも触れていたいとは思わないけど、なくてはならない存在です。ていうか、音楽は基本的にプレイヤーとして見てしまうところがあるのよね。。。合唱とかバンドとかやってたので。最近はだいぶ正しい視聴者になってきましたが(笑)
心のそこから落ち込んだとき、私は必ず彼女の曲を聴きます。失恋だけではなく、友人が亡くなったとき、病気が顔を出してきたとき、、、、など。
その中でも、この曲はすごく悲しくて綺麗な曲です。歌詞がねえええ、泣けるんですよおおおお 

「でも大丈夫 私はもう あなたを忘れるから 忘れるから・・・忘れるかな?」

結構救いようがない内容なんだけど、それでも聞いてしまう。何度もリピートして聴いちゃうんですね。自分の境遇に当てはまっていなくても。メロディーなどと相まって、何故か心に響いてくるのです。coccoに関してはもっともっといろいろな曲について書きたいですね。
coccoについて余談ですが、彼女は「SINGER SONGER」という新しいバンドを結成しましたね。デビューシングルの「初花凛々」のmusic videoを見ましたが、coccoが超満面の笑みをしてました。かわいかったぁwCD買っちゃおうかしら




ミュージックバトン完了!!

いやー結構大変だったなあ。なんかちょっとばかししんみり系の話になってしまいましたが、ご了承くださいな。


というわけで、このミュージックバトンを以下5名の方にまわそうと思います。よろしければ参加してください☆

UK様、こまどり あき様、Blue-Beat様、Garden様、すっぺん様。

ぃよろしく!!
スポンサーサイト
記事ボトム画像

 | BLOG TOP | 

Site Master
ずんこ
管理人:ずんこ
ダンスと買い物と映画と酒をこよなく愛する21才。
最近ダイエット頑張ってますw目標-3kg!!
あと、ここ1ヶ月くらいですが、本をよく読むようになりました。田口ランディおもしれー☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。